So-net無料ブログ作成

「そば処 延四郎」から「紀州鉄道 那須塩原ホテル」 [温泉]

 昼食を済ませてから温泉へ。


 そば処 延四郎
R400 塩原バレーライン沿いに位置する。
店の前はよく通るのですが訪問は初めてになります。
箒川沿いのテラス席で人気№1の天ざる蕎麦を注文。
天ぷらは十種類以上あり、添えられた塩で美味しくいただきました。

Nobushiro 20160831_03.JPG

 突き出しもしょっぱいもの、酸っぱいもの、甘酸っぱいもの美味しいです。
Nobushiro 20160831_01.JPG
Nobushiro 20160831_02.JPG


 温泉で汗を流してから帰りましょう。
紀州鉄道 那須塩原ホテル
那須塩原 古町温泉エリア、旧R400 バレーライン沿いに位置する。
敷地内から湧く自家源泉は単純温泉だ。
Kitetsu 20160831_01.JPG


 温泉の詳細はこちら [いい気分(温泉)] http://kizudarake-skier.blog.so-net.ne.jp/2014-11-13


 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

土平園地を歩いてみた。その先には… [Trekking]

 山歩きと云うほどでもないのだけど「土平園地」の遊歩道を歩いてみました。

どうやら、送電線の保守・点検路を使っているようです。
タフな遊歩道ではなくミズナラ・ナツツバキ・ブナ・シロヤシオの自然林の中の森林浴が楽しめます。
ただ、ベンチ・四阿等の休憩施設は一切ありません。

Enna Shiobara 20160613_07.JPG


 県道中塩原板室那須線の終点の「土平園地駐車場」から歩き始めます。
Dodaira 20160831_01.JPG

 最初の分岐を左、ナツツバキコースへ。
Dodaira 20160831_02.JPG

 鹿が齧ったのでしょうか?
Dodaira 20160831_03.JPG

 若い木が多いなか、巨木も
Dodaira 20160831_04.JPG

 さらにシロヤシオコースへ。
Dodaira 20160831_05.JPG

 初めて見る茸?が… 何だろう。
触れたら煙(胞子)が出ました。
Dodaira 20160831_06.JPG

 どうやら一番奥のようです。
場所を明示するものは何もなし。あるのは送電線だけ。
まだ、道があるので休憩をとったあと進んでみましょう。
Dodaira 20160831_07.JPG

 しばらく歩くと広い道に出くわしました。
ひょっとしてこれは…
GPSで確認するとやはり塩那道路だった。
Dodaira 20160831_08.JPG

 時間に余裕があるので行けるところまで行ってみよう。
Dodaira 20160831_09.JPG
Dodaira 20160831_10.JPG
Dodaira 20160831_11.JPG
Dodaira 20160831_12.JPG

 登山道なら人と出会う可能性があるので怖いと思わないのだが、さすがにここは…
人と出会う可能性がほとんどないので、ラジオのボリュームを上げて歩きます。
そんなとき、藪の中から物音が… ドキッです。
鹿でした。お互い驚いたのでしょうか、一目散に逃げていきました。
鹿以上の獣と出会いたくないので、12キロポストの先のカーブここで引き返します。
Dodaira 20160831_13.JPG
Dodaira 20160831_14.JPG

 路肩の崩落
Dodaira 20160831_15.JPG
Dodaira 20160831_16.JPG


 移動距離:9.23㎞
 移動時間:2:23


 県道266号中塩原板室那須線
中塩原から土平園地駐車場まで
 中塩原
Enna 20160831_01.JPG
Enna 20160831_02.JPG

 小曲り
九十九折を繰り返して標高を上げてゆきます。
Enna 20160831_03.JPG
Enna 20160831_04.JPG

 高原山
Enna 20160831_05.JPG

 土平園地駐車場
Enna 20160831_06.JPG

 もみじラインから見た塩那道路
Enna 20160831_07.JPG


 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

きつねうち温泉 [温泉]

 福島県白河市東、県道44号沿いに位置する。
「きつねうち」と変わった名称の温泉です。由来は長くなるので当温泉公式HPを見てください。
見た目は日帰り温泉施設のようですが、日帰り入浴もできる(合宿向けの)温泉宿泊施設のようです。
個室のほか、10名で利用できるコテージもあります。
文化ホール、図書館や隣接する敷地にはグランド・テニスコート・弓道場・サイクリング・ジョギングロード・ローラースケート場・プール・ゲートボール場・キャンプ場が整っています。

温泉は単純温泉、露天は放流式(加温)。
大きな湯船は、湯ったりできますね。

Kitsuneuchi 20160821_01.JPG
Kitsuneuchi 20160821_02.JPG
Kitsuneuchi 20160821_03.JPG


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:きつねうち温泉
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性-アルカリ性-低温泉)
掲示用泉質名:単純温泉
泉温:30.4 ℃
湧出量:512 ㍑/min(動力揚湯)
知覚的試験:微弱黄色澄明無味無臭
水素イオン濃度:pH 9.4
成分総計:323 ㎎/㎏

一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛
泉質別適応症:きりきず、やけど
温泉利用状況:内湯 加水の有無:無 加温の有無:有 循環濾過の有無:有
          入浴剤の有無:無 消毒の有無:有
       露天 加水の有無:無 加温の有無:有 循環濾過の有無:無
          入浴剤の有無:無 消毒の有無:無

入湯料:¥500
立ち寄り入浴時間:9:30~21:00
休館日:火曜
施設:内湯、露天風呂、サウナ、水風呂、大広間、リフレッシュルーム、個室

 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

最終日、道の駅「会津柳津」から [道の駅]

 道の駅「会津柳津 会津福満虚空蔵尊街道」
三味線の音で目が覚めました。
どうやら、休憩施設で練習をしているようです。

Yanaizu 20160821_01.JPG

 柳津町観光物産館「静柳苑」
Yanaizu 20160821_02.JPG

 斉藤清美術館
Yanaizu 20160821_04.JPG

 時間に余裕があるので道の駅周辺から温泉街を散策。
隣接する観光施設「憩の館ほっとinやないづ」
足湯が整備されています。(まだ営業時間前です)
Yanaizu 20160821_05.JPG
Yanaizu 20160821_06.JPG

 高台に行ってみた。
町民センターと諏訪神社がありました。
Yanaizu 20160821_07.JPG

 只見川の川っぷちに移動してきました。
瑞光寺橋
Yanaizu 20160821_08.JPG

 魚渕
「柳津うぐい生息地」は国の天然記念物になっているそうだ。
Yanaizu 20160821_09.JPG

 福満虚空蔵菩薩圓蔵寺
Yanaizu 20160821_10.JPG

 温泉街に移動しましょう。
Yanaizu 20160821_11.JPG

 街の中心を流れる銀山川沿いに「大清水」があります。
Yanaizu 20160821_12.JPG
Yanaizu 20160821_13.JPG

 あわ饅頭を蒸しているのでしょうか?蒸気が出ていますね。
Yanaizu 20160821_14.JPG


 1時間ちょっとの散策を終えて、次の道の駅に向かいましょう。
残すはあと二カ所。

 遠くに背焙山風力発電の風車が見えます。
Seaburiyama 20160821_01.JPG


 小沼崎パーキング
下郷町まで来ました。
冬の間、生活をしている南会津町の隣町です。
Onumazaki 20160821_01.JPG
Onumazaki 20160821_02.JPG


 R118 天栄方面へ。
会津縦貫道南道路(整備区間)湯野上バイパス、田代ICになる場所でしょうか?
R118 20160821_01.JPG
R118 20160821_02.JPG

 R118 鳳坂峠トンネル
R118 20160821_03.JPG
R118 20160821_04.JPG

 R118 から羽鳥湖高原へ。
風車が見えたので寄り道を
この辺りから会津布引山の風力発電の風車も見えるらしい。
Karasawayama 20160821_01.JPG


 道の駅「羽鳥湖高原」
ここでは天栄村の特産品である「ヤーコン(キク科の植物で芋のような根を食用とする)」のソフトクリームをいただきました。
Hatorikokogen 20160821_01.JPG
HatorikoKogen 20160821_02.JPG


 羽鳥湖展望台
R118 に戻ってすぐに展望台がある。
ふくしま緑の百景にも選定されている。
スキー場の奥には那須連山が見えます。
Hatoriko 20160821_01.JPG
Hatoriko 20160821_02.JPG
Hatoriko 20160821_03.JPG


 福島の道の駅もあと一カ所を残すのみ。
おなじ天栄村にある「季の里 天栄」に向かいましょう。

 道の駅「季の里 天栄」
R118からR294へ。
真っすぐな走りやすい道ですね。
手打ち蕎麦が美味しそうです。
Tenei 20160821_01.JPG
Tenei 20160821_02.JPG


 道の駅「奥久慈だいご」
途中、変わった名称の「きつねうち温泉」を利用後、昼食をとりました。
Daigo 20160821_01.JPG

 冷ししゃも天そば
「ししゃも」ではありません。「しゃも」軍鶏です。
食べごたえのあるしゃも肉が… ゴロゴロ三つ
Daigo 20160821_02.JPG


 走行距離:約230㎞


 福島の道の駅、全駅制覇も無事終わりました。
やはり、のんびりとした旅のほうが向いています。
残念ながら小食なので、すべての道の駅の名物・お薦めを食べることができませんでした。
そんな道の駅は、またの機会に食せたらと思います。


 

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

早戸温泉「つるの湯」 [温泉]

[いい気分(温泉)] 完全放流式 [いい気分(温泉)]

 福島県大沼郡三島町、R252 沼田街道沿いに位置する。
開湯1,200年の歴史のある湯治施設を持つ温泉施設。
温泉は塩化物泉、完全放流式で褐色の濁り湯です。
湯船の周辺には、温泉の成分がしっかりと付着している。
夜間の入湯だったので眺望は楽しめませんでしたが、風情のある施設です。

 受付は駐車場からエレベターに乗ります。
自動券売機でチケットを購入してください。


Tsurunoyu 20160820_01.JPG

 飲泉所があります。
慢性消化器病、慢性便秘に効能あり。
Tsurunoyu 20160820_02.JPG
Tsurunoyu 20160820_03.JPG
Tsurunoyu 20160820_04.JPG


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:早戸温泉源泉
泉質:ナトリウム-塩化物温泉(低張性-中性-高温泉)
掲示用泉質名:塩化物温泉
泉温:52.9 ℃
湧出量:192.7 ㍑/min(動力揚湯)
知覚的試験:微弱黄微褐色・微塩味無臭で・褐色沈殿物あり。
水素イオン濃度:pH 7.0
成分総計:5,718 ㎎/㎏

一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛
泉質別適応症:切り傷、やけど、慢性皮膚病
飲用の適応症:慢性消化器症、慢性便秘
温泉利用状況:加水の有無:無 加温の有無:無 循環濾過の有無:無
       入浴剤の有無:無 消毒の有無:無

入湯料:3時間まで¥500 18時以降¥300
立ち寄り入浴時間:9:00~21:00 (冬季 ~20:30)
休館日:

施設:内湯、露天風呂、飲泉所、休憩室、食事処

 

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

喜多の郷温泉「蔵の湯」 [温泉]

 道の駅「喜多の郷 ふれあいパーク喜多の郷」に併設されている日帰り温泉施設。
大きな施設で内湯も広く、湯ったりできる。
当日は、それほどの混雑もありませんでした。
夏場の露天風呂はアブに注意しましょう。

Kuranoyu 20160820_01.JPG


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:喜多の郷温泉
泉質:単純温泉(低張性-弱アルカリ性-高温泉)
掲示用泉質名:単純温泉
泉温:42.1 ℃
湧出量:276 ㍑/min(動力揚湯)
水素イオン濃度:pH 7.5
知覚的試験:微弱黄色・澄明・弱硫化水素臭・微収斂味・ガス発生あり
成分総計:717.1 ㎎/㎏

一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛
泉質別適応症:自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
温泉利用状況:加水の有無:有 加温の有無:有 循環濾過の有無:有
       入浴剤の有無:無 消毒の有無:有
入湯料:¥500
立ち寄り入浴時間:9:00~21:00
休館日:第1水曜
施設:内湯、露天風呂、サウナ、水風呂、大広間、食堂

 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

道の駅「喜多の郷 ふれあいパーク喜多の郷」 [道の駅]

 会津一望の丘
R459沿い、北塩原村北山地区に位置する。
道路改良(凍結防止)を行ったことにより、会津盆地を一望できる眺望が生まれたそうだ。
20160820_131201 (2).jpg
R0019241 (2).JPG
R0019242 (2).JPG


 道の駅「喜多の郷 ふれあいパーク喜多の郷」
R459からR121へ。
蔵の街、喜多方を観光する間もなく、温泉を併設しているので入浴を済ませて、次の目的地へ。
Kitanosato 20160820_01.JPG
Kitanosato 20160820_02.JPG


 道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」
R121 を南下、R49 へ。約20㎞ 走ります。
2014年10月に開駅した比較的、新しい施設です。
湯川村・会津坂下町、二つの村と町で共同で整備された唯一の道の駅です。(HPから引用)
Aizu 20160820_01.JPG
Aizu 20160820_02.JPG

 磐梯山の方向には虹がかかりました。
Aizu 20160820_03.JPG

 お薦め「桃のソルベ」をいただきました。
Aizu 20160820_04.JPG


 道の駅「にしあいづ よりっせ」
R49 越後街道を約23㎞ 西進。
R49 沿いに位置し、新潟県と境を接する西会津町にある。
Nishiaizu 20160820_01.JPG
Nishiaizu 20160820_02.JPG
Nishiaizu 20160820_03.JPG


 次の道の駅へ。
R49 を戻り、R400 西方街道へ。
大型車の通行が制限され、沼新田乙からは二車線から一車線道路に。
杉峠地内は大型車通行止めです。
Nishikata 20160820_01.JPG

 道を間違えた [exclamation&question]
金山町に向かうところ、柳津町方向に [あせあせ(飛び散る汗)]
Nishikata 20160820_02.JPG

 道標
いつの時代のものだろうか?
Nishikata 20160820_03.JPG

 麻生大橋
R252 沼田街道へ。
予定を変え先に道の駅「みしま宿」に立ち寄り、「会津かねやま」に向かいます。
間に合うだろうか?
AsoOhashi 20160820_01.JPG


 道の駅「尾瀬街道 みしま宿」
近代的な施設です。
展望台もあったりします。
また、ここを起点に只見川ビューポイント遊歩道が整備されている。
Mishimajuku 20160820_01.JPG
Mishimajuku 20160820_02.JPG
Mishimajuku 20160820_03.JPG
Mishimajuku 20160820_04.JPG

 さすが雪国の道の駅。何に使うのだろうか?スキーポールが。
Mishimajuku 20160820_05.JPG


 水沼公園
R257 沼田街道沿いにあります。
Mizunuma 20160820_01.JPG

 
 道の駅「奥会津 かねやま」
R257 沼田街道を約17㎞。
何とか時間内に到着しました。
この時間になると人もまばらです。
Kaneyama 20160820_01.JPG
Kaneyama 20160820_02.JPG

 旧五十島家住宅
Kaneyama 20160820_03.JPG

 金山名産「赤かぼちゃ」
Kaneyama 20160820_04.JPG

 ここでは「アザキ大根高遠そばソフトクリーム」をいただきました。
そばソフトに奥会津の伝統野菜アザキ大根を練り込んだものです。
好き嫌いは人それぞれなのですが、私は好きです。
アザキ大根抜きのソフトもあります。
Kaneyama 20160820_05.JPG


 今日の道の駅めぐりはここまで。
あとは温泉に立ち寄って、次の訪問地に向かいます。


走行距離 約270㎞

 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奥羽山脈から会津へ 道の駅つちゆ [道の駅]

 道の駅「つちゆ つちゆロードパーク」
中通りから会津へ、県道354号を西に進みます。雨風が強くなってきました。
天気が良ければ眺望のよい高原道路なのだろうが、この天気では眺望の期待はない。

Tsuchiyu 20160820_01.JPG
Tsuchiyu 20160820_02.JPG
Tsuchiyu 20160820_03.JPG

 名物は「土湯温泉サイダー」
Tsuchiyu 20160820_04.JPG


 道の駅「ばんだい 徳一の里きらり」
雨はトンネルを抜けたら上がりました。
猪苗代を経由して、すでに訪問済みなのだがスタンプを捺すために立ち寄りました。
Inawashiro 20160820_01.JPG
Bandai 20160820_01.JPG


 磐梯山ゴールドライン
磐梯町と北塩原村を南北に結ぶ高原道路だ。
磐梯山有料道路として有料道路だったが、2013年7月25日に無料化された。(知りませんでした…)
冬期は通行止めになります。

 山湖台
かろうじて猪苗代湖を見ることができます。
Sankodai 20160820_01.JPG

 滑滝展望台
晴れていたら磐梯山が…
Nameritaki 20160820_01.JPG

 八方台駐車場
磐梯山・猫魔ヶ岳への登山の起点になります。
多くのハイカーが見えられていました。
Happodai 20160820_01.JPG

 こがね平駐車場
磐梯山の爆裂噴口が見られます。
Koganedaira 20160820_01.JPG
Koganedaira 20160820_02.JPG

 雄子沢川駐車場
Oshizawagawa 20160820_01.JPG


 道の駅「裏磐梯」
磐梯山ゴールドラインからR459へ。
昼時なのでここで昼食を摂りました。
Urabandai 20160820_01.JPG
Urabandai 20160820_02.JPG
Urabandai 20160820_03.JPG

 山塩チャーシュー麺
チャーシュー少なっ!麺が細くて会津ぽくないっ!!
会津山塩、大塩温泉を煮詰めて作った塩を使ったスープは美味しかった。
Urabandai 20160820_04.JPG


 

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

二日目、道の駅「安達」から [道の駅]

 道の駅「安達 智恵子の里」(下り線)
一晩中、雨が降っていたようです。
顔を洗ってから朝の散歩に。
まだ小雨は降っていますが…
24時間営業のコンビニがあるので、ちょっとした物なら大概揃いますね。
向かいはパン屋さんでパンを焼いている良い香りがします。
道路情報コーナーには簡易テントや寝袋で仮眠をとっている人が居たり。
表に出てみると広い芝生の広場があります。

Adachi 20160820_01.JPG
Adachi 20160820_02.JPG
Adachi 20160820_03.JPG


 智恵子大橋
橋の袂には小さな公園・駐車スペースがあります。
晴れていれば安達太良山が望めるみたいだけど…
ChiekoOhashi 20160820_01.JPG
ChiekoOhashi 20160820_02.JPG


 合戦場のしだれ桜
この辺りは桜の名所が多いですね。
ここ以外にも桜の見所があります。
Kassenba 20160820_01.JPG

 
 道の駅「さくらの郷」
時間は8時前。
まだ、営業しているはずもなく暫く待っていると関係者が来たので、スタンプを捺させていただきました。
ピザ窯があり美味しいピザを提供してくれるみたいです。
Sakuranosato 20160820_01.JPG
Sakuranosato 20160820_02.JPG


 道の駅「ふくしま東和 あぶくま館」
R349 を北へ約4.6㎞。
以前は養蚕が盛んだったのでしょうか?桑の葉茶や桑の葉パウダーを販売しています。
血圧・血糖値が気になる方にお薦めなようです。
FukushimaTowa 20160820_01.JPG
FukushimaTowa 20160820_02.JPG

 桑の葉パウダーの試飲ができます。
飲めます… 青っぽいけど。
FukushimaTowa 20160820_03.JPG

 戸沢農村公園
FukushimaTowa 20160820_04.JPG


 道の駅「川俣 『川俣』オアシス in シルクロード」
R349 を北上、R114 へ。
養蚕つながりで絹織物の産地として栄えてきたそうだ。
街の特産品として「川俣シャモ」を推している。
Kawamata 20160820_01.JPG
Kawamata 20160820_02.JPG
Kawamata 20160820_03.JPG

 体験施設「からりこ館」
Kawamata 20160820_04.JPG

 おりもの展示館
Kawamata 20160820_05.JPG

 

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一日目、ラストスパート 道の駅「川俣」へ [道の駅]

 タイムリミミットが迫ってまいりました。
道の駅「そうま」を出発したのは17:00をまわっています。
天気も雨模様だから、次の道の駅ではスタンプを捺すのが難しいだろう。

 霊山パーキング
道の駅「そうま」から進路を西へ。
阿武隈高地を跨ぎ、浜通りから中通りへ。
伊達市、R115 中村街道沿いに位置する。
ここまでの間、峠道なのだが地元の車が飛ばすこと。初めてこの道を走る私はおっかなびっくり。
Ryozen 20160819_01.JPG

 道路を挟んで隣にはこだまドライブインがあります。
Ryozen 20160819_02.JPG


 道の駅「安達 千恵子の里」
道の駅「川俣」までたどり着いたのだが、タイムアップでスタンプを捺すことができませんでした。
ここは街中にあるので落ち着いて車中泊ができそうにないので、道の駅「安達」まで進み給油をしてからお休みします。
 この道の駅は規模が大きく、R4 の上下線に整備されている。
Adachi 20160819_01.JPG


 走行距離 約360㎞

 

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー