So-net無料ブログ作成
検索選択

献血ルーム MEET [茨城]

 都会と違って待っていても献血ができないので、自ら訪れました。
水戸駅ビル エクセルみなみ6Fの献血ルームへ。
ドリンクを手続き・献血の合間に3杯も飲んでしまった。

 

Meet 20160930_01.JPG


 

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

塩原温泉郷 古町温泉「上会津屋」再訪 [温泉]

 山歩きの汗を流すため、塩原温泉郷に立ち寄り。

 栃木県那須塩原市塩原、旧R400 塩原バレーライン、古町温泉の中心部「塩原もの語り館」の隣に位置する。
温泉は自家源泉の塩化物泉です。
2014年8月以来の再訪。


R0019999 (2).JPG

 二人が入れば一杯そうな露天風呂
Kamiaizuya 20160927_02.JPG

 飲泉所も玄関前にあります
Kamiaizuya 20160927_03.JPG
Kamiaizuya 20160927_04.JPG
Kamiaizuya 20160927_05.JPG


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

見晴から沼山峠休憩所へ [Trekking]

 二日目の朝、気持ちよく5時に起床。
ザック・身支度を整えてから散歩へ。
今日の天気は期待できそうです。暑くならなければ良いのだけど…


 朝の見晴
尾瀬ヶ原に立ちのぼる朝霧、至仏山を隠します。
気温が上がると再び姿を現します。

Oze 20160927_2.1.JPG
Oze 20160927_04.JPG

 見晴銀座
山小屋の朝は早いです。
散歩をしていると身支度を整えたハイカーが動きだしています。
どこまで行くのでしょうか?
Oze 20160927_05.JPG
Oze 20160927_06.JPG
Oze 20160927_07.JPG


 原の小屋の朝食
散歩を済ませ朝食は6時から。
Oze 20160927_08.JPG


 尾瀬ヶ原林道
6:45 二日目の始まりです。
段小屋坂の白砂峠までは標高差280mの登りになります。
Oze 20160927_09.JPG


 見晴新道分岐(7:13)
左に進むと見晴新道を使って燧ケ岳へ
Oze 20160927_10.JPG

 イヨドマリ沢
Oze 20160927_11.JPG

 ワサビ田
Oze 20160927_12.JPG


 白砂峠(9:07)
Oze 20160927_13.JPG


 白砂湿原(9:27)
樹林帯に囲まれた静かな湿原
Oze 20160927_14.JPG
Oze 20160927_15.JPG


 沼尻平(9:46)
以前は沼尻休憩所が建っていたそうだが、2015年に焼失した。
現在、トイレは使用可能。
Oze 20160927_16.JPG
Oze 20160927_17.JPG

 ナデッ窪道分岐
燧ケ岳への登山道で難易度は高い。
Oze 20160927_18.JPG
Oze 20160927_19.JPG

 いくつかの小さな湿原と樹林帯を歩くと浅湖湿原へ。
Oze 20160927_20.JPG
Oze 20160927_21.JPG

 とろろ昆布のようなものが寄生しています。
Oze 20160927_22.JPG


 浅湖湿原(10:54)
Oze 20160927_23.JPG
Oze 20160927_24.JPG
Oze 20160927_25.JPG
Oze 20160927_26.JPG


 長英新道分岐(10:58)
左を進むと燧ケ岳へ
Oze 20160927_27.JPG

 ツルリンドウ
Oze 20160927_28.JPG


 大江湿原へ 三本カラマツ(11:10)
三本カラマツも尾瀬のシンボル
Oze 20160927_29.JPG


 沼尻分岐(11:14)
Oze 20160927_30.JPG


 尾瀬沼東岸で昼食!
宿で用意してくれた握り飯をいただきます。
Oze 20160927_31.JPG

 長蔵小屋前の清水
Oze 20160927_32.JPG


 大江湿原から沼山峠へ(11:55)
Oze 20160927_33.JPG
Oze 20160927_34.JPG


 沼山峠休憩所(13:50)
バスで御池へ
Oze 20160927_35.JPG

 山の駅 御池
Oze 20160927_36.JPG


 全員が無事に山を下りることができました。
車を置いている御池駐車場で解散。それぞれの車に分乗して野岩鉄道 会津高原尾瀬口まで送って今回の山行は終了です。

 

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

鳩待峠休憩所から見晴へ [Trekking]

 鳩待峠休憩所(12:28)
一ノ瀬休憩所からバスを乗り継いで、参加者の皆さんと合流。
雨は降ったり止んだりしている中、山ノ鼻・尾瀬ケ原の木道を歩き竜宮小屋を経て見晴の山小屋までの9.3㎞を目指します。

Oze 20160926_38.JPG


 山ノ鼻までの下り、雨で木道は滑り易くなっているので慎重に進みましょう。
途中、木道の付け替え作業が行われていた。

Oze 20160926_39.JPG


 山の鼻ビジターセンター(13:50 82min)
ここで休憩、年齢層が高いのでペースは遅めです。
Oze 20160926_40.JPG


 尾瀬ヶ原へ
上田代から中田代を歩く尾瀬ヶ原のゴールデンルートだ。
Oze 20160926_41.JPG

 アカハライモリ?
Oze 20160926_42.JPG

 常に燧ケ岳を正面に見ながら歩くので燧ケ岳が大きくなります。
Oze 20160926_43.JPG

 振り向けば至仏山が、逆に至仏は遠ざかる…
Oze 20160926_44.1.JPG
Oze 20160926_44.JPG

 上田代、中田代には大小多数の池塘が点在しています。
池塘にはヒツジグサ、オゼコウホネ、ミツガシワを見ることができます。
Oze 20160926_46.JPG

 ワレモコウ
9月下旬になると明らかに花の数が少なくなります。
これからは紅葉の時季になります。
Oze 20160926_47.JPG

 逆さ燧
Oze 20160926_48.JPG

 アカバナ
Oze 20160926_49.JPG

 リュウキンカ
Oze 20160926_50.JPG

 バイカモ
Oze 20160926_51.JPG


 原の小屋
今宵のお宿に到着。
ザックには延命水?が重く、最後にはスタミナ切れで写真を撮らず。
スマホのGPSもバッテリー切れで正確な到着時間がわかりません。
Oze 20160927_02.JPG

 隣の休憩所で生ビールを一杯いただき疲れを癒します。
入浴のあと、食事。そして親睦会を行って早めの就寝です。
Oze 20160926_52.JPG

 基本的には変わりませんが、今年は食前酒がつきました。 
Oze 20160926_53.JPG


行程:9.3㎞ 

 

nice!(5)  コメント(0) 

今年も尾瀬へ 沼山峠休憩所から一ノ瀬休憩所まで [Trekking]

 今年もスキー関係の付き合いで尾瀬の山歩き。

 昨年は、豪雨災害により御池からの入山ができず、鳩待峠からの往復でした。
今年も雨が多く心配されましたが、無事に御池からスタートすることができました。
 参加者は鳩待峠休憩所から見晴エリアの山小屋で一泊、沼山峠に抜けるコースを歩きます。
我々、スタッフは帰りに参加者を御池から会津高原尾瀬口まで車に分乗するために御池から沼山峠を目指します。

 塩原辺りから雨が降りはじめ、御池駐車場に到着した1時半まで雨のドライブ。
車の中で寝酒を飲みながら車中泊の用意。
外気温13℃、寒いのでフリースを被ります。
雨はさらに強まり、雨音でなかなか寝付けない。天気が気になりますね。


 ハイカーが動きだした6時前に起床、雨は小降りだがまだ降っています。
下だけ雨具を履いて出かける準備をします。
沼山峠休憩所から一ノ瀬休憩所までの沼田街道を歩きます。

 御池駐車場

Oze 20160926_01.JPG

 日本を代表する尾瀬、当然「ふくしま緑の百景」にも選定されています。
Oze 20160926_02.JPG

 山の駅 御池前からシャトルバスで沼山峠へ。
Oze 20160926_03.JPG

 県道1号線は通行規制で一般車両の通行はできません。
Oze 20160926_04.JPG

 ブナの原生林
バスが停まってくれました。
Oze 20160926_05.JPG

 沼山峠休憩所へ
Oze 20160926_06.JPG
Oze 20160926_07.JPG


 7:25 沼山峠休憩所から行動開始。
Oze 20160926_08.JPG

 沼山峠から大江湿原までの登山道わきには花が終わり、小さな実をつけています。
 ゴゼンタチバナ
Oze 20160926_09.JPG

 マイヅルソウ
Oze 20160926_10.JPG

 ツルリンドウ
Oze 20160926_11.JPG

 シラタマノキ
Oze 20160926_13.JPG

 アキノキリンソウ
Oze 20160926_14.JPG

 オヤマリンドウ
Oze 20160926_15.JPG


 大江湿原(8:10 35min)
湿原への入口にはシカ防止柵が設けられています。
Oze 20160926_16.JPG

 木々の色づきはいまいちだが、草紅葉は綺麗に色づいています。
Oze 20160926_17.JPG


 小淵沢田代分岐(8:14 4min)
Oze 20160926_18.JPG

 トリカブト
Oze 20160926_19.JPG

 沼尻分岐(8:29 15min)
Oze 20160926_20.JPG

 オヤマリンドウ
Oze 20160926_21.JPG

 トリカブト
こちらはまだ花をつけています。
Oze 20160926_22.JPG

 
 尾瀬沼ビジターセンター(8:34 5min)
長蔵小屋があったり賑わっています。
Oze 20160926_23.JPG

 いまだかつてなく大きく育ったオオウバユリ
Oze 20160926_24.JPG

 ビュースポットからの燧ケ岳
Oze 20160926_25.JPG

 道悪し
Oze 20160926_27.JPG
Oze 20160926_28.JPG


 三平下(9:07 26min)
 尾瀬沼休憩所
Oze 20160926_29.JPG

 ゲンノショウコ
Oze 20160926_30.JPG

 視界が開けた場所に尾瀬沼の向うにシンボルの三本カラマツが見えます。
Oze 20160926_30_1.JPG


 三平峠(9:35 28min)
Oze 20160926_31.JPG

 ツルリンドウ
Oze 20160926_32.JPG

 岩清水
Oze 20160926_33.JPG

 一ノ瀬休憩所までは急な下りの連続。
Oze 20160926_34.JPG
Oze 20160926_35.JPG


 一ノ瀬休憩所(10:40 59min)
 ここからバスを乗り継いで鳩待峠休憩所に向かいます。
Oze 20160926_36.JPG


 行程 約7.0㎞
 行動時間 3:15

 

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

GZ-RX600 [ひとりごと]

 三年弱使っていたソニーのビデオカムが壊れてしまった。

修理依頼をしようと調べてみたら、定額修理とやらで¥21,500(税別)なり。

う~ん。

新しいのを買ってしまおうか?

ウン! 買おう!!

雪上で使う機会が多いので防水仕様は当然。

選択したのが「JVC GZ-RX600-G」

防水、防塵、耐衝撃、耐低温の QUAD PROOF 。

内臓メモリー 64GB、内臓バッテリーも約5時間持つらしい。

これで予備バッテリーを持つ必要性がなくなりました。

 

JVC 20160921_01.JPG

 

タグ:JVC GZ-RX600-G
nice!(13) 

月居温泉「滝見の湯 白木荘」 [温泉]

 月居温泉「つきおれ おんせん」と読みます。

茨城県久慈郡大子町小生瀬、R461沿いに位置する。
温泉は単純温泉、湯治施設もある温泉宿泊施設。

 玄関が三つあり、はて?どれでしょう??
ひとつは湯治施設のもの、とりあえず開いている玄関から。
受付がありません。
廊下を左に。ありましたね。料金を支払い男湯へ。
男湯は受付のすぐ左隣から。


Tsukiore 20160912_01.JPG

 内湯には源泉と循環の二つの湯口があります。
Tsukiore 20160912_02.JPG
Tsukiore 20160912_03.JPG
Tsukiore 20160912_04.JPG

 湯治棟
Tsukiore 20160912_05.JPG


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:月居温泉
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
掲示用泉質:単純温泉
泉温:44.8 ℃
湧出量:290 ㍑/min(掘削・動力揚湯)
水素イオン濃度:pH 9.1
成分総計:469 ㎎/㎏
知覚的試験:無色、透明、微硫化水素臭、無味

温泉利用状況 表示なし
一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛
泉質別適応症:
利用時間:不明
休館日:第3火曜
入館料:大人 ¥450
設備:内湯、露天風呂


 R118 を走っていると気になる橋があったので、ちょっと寄り道。
川面に近く欄干もない橋、沈下橋のようですね。
平川橋と云う名称です。
hirakawabashi 20160912_01.JPG


 美味しそうな道路名ですね。
ビーフライン
Beefline 20160912_01.JPG


 

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いばらき見どころ・遊びどころ「大子 月待の滝」 [茨城]

 茨城県久慈郡大子町、県道33号線沿いに位置する。

高さ17m、幅12m、滝の裏側に入ることができる裏見の滝だ。
日本のパワースポット88ヶ所の一つに選ばれている。
パンフレットによると日本で一番やさしい… 裏見の滝と書かれています。
アクセスが良く、老若男女誰もが簡単に訪れることのようです。


 駐車場からも行けますが、県道を少し歩いて…

Tsukimachinotaki 20160912_01.JPG
Tsukimachinotaki 20160912_02.JPG
Tsukimachinotaki 20160912_03.JPG

 もみじ苑
あとで寄りましょう。
Tsukimachinotaki 20160912_04.JPG

 三筋に落ちる親子滝
傍らには胎内観音が祀られている。
Tsukimachinotaki 20160912_05.JPG
Tsukimachinotaki 20160912_06.JPG
Tsukimachinotaki 20160912_07.JPG

 開運の水
湧き水ではなく井戸を掘った地下水です。
Tsukimachinotaki 20160912_08.JPG


 もみじ苑で蕎麦をいただきます。
十割蕎麦と石臼挽きの珈琲を注文。
Tsukimachinotaki 20160912_09.JPG
Tsukimachinotaki 20160912_10.JPG

 滝が見えるテラス席
Tsukmachinotaki 20160912_11.JPG

 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー