So-net無料ブログ作成
検索選択

元湯甲子温泉 旅館大黒屋 [温泉]

 9年ぶりの再訪。
前回はR298登山国道をここから甲子山・甲子峠までのピストンで歩いた時以来です。
その時はまだ、甲子トンネルが開通前で登山国道が廃道になる前に歩いておこうということでした。

 甲子道路が開通したら通年営業になり、宿が新築されオシャレになりました。
だけど、名物の立湯の大岩風呂は何ら変わっていませんでした。


R0021919 (2).JPG
R0021916 (2).JPG
R0021914 (2).JPG
R0021909 (2).JPG


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:有限会社元湯甲子温泉2号源泉
泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温:43.1 ℃
湧出量:220 ㍑/min (掘削自噴)
水素イオン濃度:pH 7.8
知覚的試験:無色澄明、無味無臭である。
成分総計:961.8 ㎎/㎏

一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛
温泉利用状況
 加水の有無:無 加温の有無:無 循環・濾過の有無:無
 入浴剤の有無:無 消毒処理の有無:無

日帰り入浴時間:大岩風呂 10:00~15:00
料金:¥700


 湯上りの後は食事です。
蕎麦も良いのですがたまには拉麺を [exclamation]
キョロロン村で白河ラーメンとミニチャーハンのセット。けっこうお安いです。

R0021923 (2).JPG
R0021924 (2).JPG



nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

桧枝岐にて [温泉]

 御池から桧枝岐まで戻り、汗を流すために「燧の湯」へ。


 公衆浴場 燧の湯
村内には三つの日帰り温泉施設がありまして源泉かけ流しのここがベストでしょう。

R0021601 (2).JPG


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:尾瀬檜枝岐温泉5号源泉
泉質名:単純硫黄温泉 (低張性アルカリ性髙温泉)
掲示用泉質:硫黄泉
水素イオン濃度:pH 8.8
成分総計:368.8 ㎎/㎏
泉温:62.4 ℃ 使用位置:42.0 ℃
湧出量:80 ㍑/min (動力揚湯)

一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛
泉質別適応症:慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病
温泉利用状況:加水の有無:有 加温の有無:無 循環ろ過の有無:無
       入浴剤の有無:無 消毒の有無:有
入湯料:¥500 (宿泊者割引大人¥300)
営業時間:6:00~21:00 (最終受付 20:30)  
休館日:火曜午前中
施設:内風呂、露天風呂、休憩フロア

 裁ちそば まる家
人気のあるお店のようで、昼時は団体さんでいっぱいとのこと。11時から食事です。
天もりそばを注文。岩魚の天麩羅、美味しくいただきました。
R0021603 (2).JPG
KIMG0699 (2).jpg


 慌ただしく食事を済ませ、ミニ尾瀬公園へ向かいます。
ミニ尾瀬公園は別途、紹介します。


 井籠門
村政独立100周年記念モニュメント。
村の入口に立村100年を記念して建立された。
これで桧枝岐にお別れです。
R0021638 (2).JPG


 会津高原尾瀬口駅で解散。
今回のイベントは終了です。


 R294バイパス
大田原市佐良土と那珂川町を結ぶ。
時短になるかどうかは?
信号が少ない分、早いかな?
R0021640 (2).JPG

nice!(14)  コメント(0) 

たかつえ温泉 [温泉]

 前夜はアストリアホテルに宿泊。

ホテルでの朝風呂、朝食後は外湯になる「白樺の湯」で湯ったり。

あぁ~、極楽 極楽。

だけど、非常に寒いですね。
最低気温は一けた台。下界は暑かっただけになおさらです。

尾瀬では雪が降ったそうです。



R0021498 (2).JPG
R0021503 (2).JPG
R0021505 (2).JPG

 冬の間、従業員をゲレンデ内にあるレストランに輸送します。
通称「ラブワゴン」
R0021504 (2).JPG


 たかつえ温泉 白樺の湯
ホワイトシーズンが終わるとリニューアルされます。
今回は湯舟のヘリが新しくなりましたね。
KIMG0688 (2).jpg
KIMG0685 (2).jpg
KIMG0687 (2).jpg


 会津高原尾瀬口駅
会津高原、尾瀬への玄関口になります。
駅舎は憩の家と思われがちですが、階段を上りホームに隣接しています。
駅舎内には2Dキャラが。流行りですかね。
R0021508 (2).JPG
R0021507 (2).JPG


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

木賊温泉共同浴場 岩風呂 [温泉]

 所用でたかつえへ行くことに。

夕方まで時間があるので付近の温泉へドライブ。


 木賊温泉共同浴場 岩風呂

福島県南会津郡南会津町宮里に位置する。
西根川の河原に小屋がかかり、湯船の底から湧く硫黄泉の混浴半露天風呂だ。


週末の日中、温泉街はひっそりとしている。

R0021477 (2).JPG

 駐車場から河原へ50mほど歩くと温泉のある小屋が見えてきました。
R0021478 (2).JPG
R0021466 (2).JPG
KIMG0672 (2).jpg
KIMG0675 (2).jpg

 湯ったりした後に湯泉神社にお参り。
R0021474 (2).JPG

 ラショウモンカズラ
R0021476 (2).JPG


 ちょっとドライブ。
木賊から湯の花を結ぶ唐沢峠。
今はトンネルで繋がっています。
周辺はウツギの花が見頃です。
R0021485 (2).JPG
R0021484 (2).JPG


 そば処 曲家
冬季休業しているので寄ってみました。
KIMG0679 (2).jpg
R0021489 (2).JPG


 今夜の泊は、アストリアホテル。
泊まるのは初めて、ご馳走です。
KIMG0680 (2).jpg
KIMG0681 (2).jpg
KIMG0682 (2).jpg



nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

汗を流しに 那須高雄温泉「おおるり山荘」【再訪】 [温泉]

 山歩きの後はいつものように温泉へ。

気候が良くなってきたので、いいお湯といい露天風呂へ。
と云うことで高雄温泉へ。
 源泉温度が40.1℃とけっして高くないので早春・晩秋の時期には露天風呂に入るのは、ちょっと辛いのです。
でも、この時期になると露天風呂も快適になります。
硫化水素泉の白濁し、溢れんばかりに放流される温泉とロケーションが魅力です。


R0021453 (2).JPG
R0021450 (2).JPG
R0021455 (2).JPG
R0021456 (2).JPG


 一里茶屋
那須に訪れた時に立ち寄る蕎麦屋へ。
R0021457 (2).JPG
R0021458 (2).JPG

nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シリーズ寄り道 金島温泉『富貴の湯』 [温泉]

 かぐらからの帰り道、今回も寄り道。

R17から高山方面に向かい、気になっていた場所へ。



 街道一の清水
群馬県吾妻郡高山村中山、県道36号沿いに位置する。
旧三国街道は参勤交代に使われ、長岡藩主が病で床に伏しているとき最後にこの水を所望したという。
残念ながら訪問時、水は枯れていました。
また、現在は飲用に適していないようだ。

R0021275 (2).JPG
R0021277 (2).JPG


 金島温泉 富貴の湯
高山を通り過ごし渋川方面へ。
群馬県渋川市川島、JR吾妻線金島駅から徒歩3分の所に位置する。
企業の福利厚生施設として設立され、一般にも開放された日帰り温泉施設。
温泉は塩化物泉。泉温維持のために循環されているが、塩素等で消毒・濾過はされていず源泉のかけ流しだ。
R0021293 (2).JPG

 玄関わきには飲泉所があります。
R0021285 (2).JPG
KIMG0656 (2).jpg
R0021290 (2).JPG
R0021291 (2).JPG


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:金島温泉 富貴の湯
泉質:カルシウム・ナトリウム‐塩化物温泉(中性低張性低温泉)
掲示用泉質名:塩化物温泉
泉温:33.1 ℃ 使用位置:約42.1 ℃
湧出量:103 ㍑/分
水素イオン濃度:pH 6.61
一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛
飲用の適応症:飲用可

温泉利用状況:
 加水の有無:無 加温の有無:有 循環濾過の有無:無
 入浴剤の有無:無 消毒の有無:有
入館料:¥400
開館時間:10:00~21:30(最終入館 21:00)
休館日:毎月15日(土休日の場合は営業、翌日休館)
施設:内湯、露天風呂、休憩室、飲泉所


 山田うどんのラーメン、最近はまっています。
KIMG0658 (2).jpg



nice!(15)  コメント(0) 

寄り道 湯郷 小住温泉 [温泉]

 帰路は寄り道。
R17から玉原高原方面へ。川場から片品、赤城北面道路を経由して帰ります。
まずは「道の駅 川場田園プラザ」へ。



 道の駅 川場田園プラザ
「関東好きな道の駅」で5年連続で第1位に選出されている人気の道の駅だ。

訪れるのは初めてで綺麗に整備された道の駅だ。

R0021233 (2).JPG

 駐車場の目の前はファーマーズマーケット、あかくら(麺屋)、かわばんち(おにぎり)
KIMG0624 (2).jpg
R0021192 (2).JPG
R0021193 (2).JPG
 ほろよい橋
R0021197 (2).JPG
 ビジターセンター
R0021201 (2).JPG
001 (2).jpg

 時間もあまりないので温泉へ。
このエリアにもいくつかの温泉地があり、今回は小住温泉へ。

 湯郷 小住温泉
県道64号、奥利根ゆけむり街道を片品方面へ。群馬県利根郡川場村川場湯原に位置する。
温泉は単純温泉、循環ろ過でオーバーフローもされていないです。
いくつかの露天風呂はお湯が張られていなかった。
R0021203 (2).JPG
R0021204 (2).JPG
KIMG0625 (2).jpg
KIMG0627 (2).jpg


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:小住の湯
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
掲示用泉質名:単純温泉
泉温:27.6 ℃
湧出量(利用量):26 ㍑/分 (自然湧出)
水素イオン濃度:pH 9.5
知覚的試験:無色透明 僅かに硫化水素臭あり
成分総計:200 ㎎/㎏

一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛

 加水の有無:無 加温の有無:有 循環濾過の有無:有
 入浴剤の有無:無 消毒の有無:有
 
入館料:¥650
開館時間:10:00~21:00(最終入館 20:00)
休館日:年中無休
施設:内湯、露天風呂、、食堂、休憩所、マッサージ、個室


 旭小屋登山口
武尊山登山口のひとつ。
健脚向きのコースだ。
周辺は桜が咲き始めている。
R0021215 (2).JPG
R0021218 (2).JPG


 背嶺峠
川場村と片品村を結ぶ峠道。
現在はトンネルでつながっている。
片品側には公園が整備されている。
R0021219 (2).JPG
R0021221 (2).JPG


 花の駅 片品 花咲の湯
日帰り温泉施設で谷間に鯉のぼりが揚げられていた。
KIMG0632 (2).jpg
KIMG0631 (2).jpg
 

 薗原ダム(薗原湖)
R0021229 (2).JPG
R0021230 (2).JPG


 山田うどん 岩瀬店

最後は山田うどんで夕食。
うどんではなくラーメンをチョイス。
大きなチャーシューですね。
KIMG0633.jpg
KIMG0634 (2).jpg

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

寄り道 [温泉]

 先週、訪れたとき(26日)風呂の日ということで無料券を戴いたので2週連続の訪問になりました。


 道の駅 中山盆地
前回紹介しましたが、この道の駅には宿泊もできます。

コテージが8棟建っていて宿泊者は温泉利用が無料にまります。
コテージの周囲は花に囲まれています。


R0021164 (2).JPG

 周囲の山々 三並山
R0021167 (2).JPG

 子持山
R0021168 (2).JPG


 高山温泉ふれあいプラザ
塩化物泉なのだが露天風呂は全く塩味を感じることはない。
内風呂はわずかだが塩味を感じることができる。

KIMG0606 (2).jpg
KIMG0605 (2).jpg

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

下界へ (高山温泉ふれあいプラザ) [温泉]

 また、寄り道をしながら帰ります。

R17上津大原交差点を右折、高山村へ。
道の駅中山盆地に向かいます。


 赤根峠ポケットパーク

KIMG0582 (2).jpg
R0021115 (2).JPG
R0021111 (2).JPG


 道の駅 中山盆地
温泉が併設されている道の駅。
公園等は現在、整備中で完成するのは一年後だ。
R0021118 (2).JPG
R0021144 - コピー.JPG

 トゲトゲの建物が奇抜です。
KIMG0583 (2).jpg

 トイレは別棟に整備されている。
R0021124 (2).JPG
 アサギマダラの休息地だそうだ。
R0021119 (2).JPG


 高山温泉ふれあいプラザ
道の駅に併設されている日帰り温泉施設があるので立ち寄ってみましょう。
温泉は塩化物泉だが成分を感じない。
R0021128 (2).JPG

 遅い昼食
R0021138 (2).JPG
KIMG0584 (2).jpg


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:いぶきの湯
泉質:ナトリウム・カルシウム‐塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
掲示用泉質名:塩化物温泉
泉温:49.6 ℃
湧出量:0.8 ㍑/分 (掘削動力揚湯)
水素イオン濃度:pH 8.2
知覚的試験:無色透明 塩味あり
成分総計:5,200 ㎎/㎏

一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛

 加水の有無:有 加温の有無:有 循環濾過の有無:有
 入浴剤の有無:無 消毒の有無:有
入館料:¥500
開館時間:10:00~21:00(最終入館 20:00)
休館日:毎月10日
施設:内風呂、大露天風呂、サウナ、寝湯、大広間(食事処)、売店、カラオケルーム、
個室、リラクゼーションサロン、
注:週ごとに男湯、女湯を入れ替え ふろの日には無料券を贈呈



nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

帰ろう (前日光温泉 川霧の湯) [温泉]

 朝食をいただいてからホテルをチェックアウト。


KIMG0540 (2).jpg

温泉を目指して日光街道を北上します。

日光街道は道路の両側に桜が綺麗に咲いています。


R0021043 (2).JPG


 前日光温泉 川霧の湯
栃木県塩谷郡塩屋町船生、県道77号沿いに位置する日帰り温泉施設。
温泉は単純温泉で完全放流式。無色透明でほのかに硫化水素臭が漂う。
お風呂は露天と半露天の一体化した湯舟から鬼怒川の流れを見ながら入ることができる。


KIMG0546 (2).jpg
R0021060 (2).JPG
R0021045 (2).JPG
R0021051 (2).JPG


[いい気分(温泉)] Data [いい気分(温泉)]

源泉名:前日光温泉 川霧の湯
泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
掲示用泉質:単純温泉
泉温:45.3 ℃
水素イオン濃度:pH 8.6
成分総計:909 ㎎/㎏
一般的適応症:神経痛 筋肉痛 関節痛
温泉利用状況:加温の有無 無 加水の有無 無
循環ろ過の有無 無 消毒の有無 無 入浴剤の有無 無

設備:露天風呂、大広間、食事処、六角堂
営業時間:平日 10:00~21:00
休館日:無休
料金:平日 ¥700

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー