So-net無料ブログ作成
検索選択

裏那須へ [Trekking]

 今年も裏那須へ花を訪ねて行ってみました。

梅雨時なので天気は期待できない。

ガスがかかってなければ三倉山まで足を運んで見たいところだ。



 座頭ころばし展望台
去年は天候不良のため視界は全くなかった。
視界が良ければ北東方向の眺望が愉しめるのだが [?] 今回は…

R0021669 (2).JPG
R0021671 (2).JPG


 大峠林道駐車スペースから大峠まで
先着の車が一台。7:06スタートします。
雨は大丈夫そう。山のほうはガスっています。
花の写真を撮りながらボチボチと進みましょう。
まずは大峠まで。
R0021677 (2).JPG

 ミヤマニガイチゴ[?]
R0021681 (2).JPG

 クマノミズキ
R0021682 (2).JPG

 大峠林道終点 7:18(12min)
R0021685 (2).JPG

 ヤグルマソウ
R0021687 (2).JPG

 クルマムグラ
R0021688 (2).JPG

 ミヤマハコベ
R0021690 (2).JPG

 大峠までは樹林帯を歩きます。
R0021691 (2).JPG

 マイヅルソウ
R0021692 (2).JPG

 鏡沼分岐点 7:23(5min)
R0021693 (2).JPG

 一里塚 7:25(2min)
R0021695 (2).JPG

 サラサドウダン
R0021698 (2).JPG

 ショウジョウバカマ(花が終わったもの)
R0021706 (2).JPG

 エンレイソウ
R0021709 (2).JPG

 ベニバナノツクバネウツギ
R0021712 (2).JPG

 ベニサラサドウダン
R0021714 (2).JPG


 大峠 7:51(26min)
駐車場から45分、下草は刈り取りが行われているがぬかるんでいる。
去年と道が変わっているようだ。
 視界が一気に広がるはずだが、やはり大峠から上はガスがかかっている。
流石山までのピストンと決める。
 まだ花の数は少ない。
大峠からは植生が変わり花の数が多くなる。
ミヤマニガイチゴ、マイヅルソウ、ウラジロヨウラクは流石山まで多く咲いている。
ここで12分間の休憩。
R0021715 (2).JPG
R0021719 (2).JPG
R0021727 (2).JPG

 ミヤマニガイチゴ
R0021716 (2).JPG

 ウラジロヨウラク
R0021717 (2).JPG
R0021723 (2).JPG
R0021726 (2).JPG

 アザミ
R0021720 (2).JPG

コイワカガミ
R0021722 (2).JPG

 アカモノ
R0021730 (2).JPG


 流石山に向けリスタート。 8:03
 ウサギギク
R0021737 (2).JPG

 ヤマオダマキ(蕾)
R0021740 (2).JPG

 ヒロハヘビノボラズ
R0021742 (2).JPG
R0021747 (2).JPG

 ツマトリソウ
R0021750 (2).JPG

 ニッコウキスゲ
数輪、咲き始めました。
R0021754 (2).JPG

 ウスユキソウもこれから
R0021757 (2).JPG
R0021760 (2).JPG

 ハイマツ
R0021761 (2).JPG
R0021803 (2).JPG

 マイヅルソウ
R0021765 (2).JPG

 コイワカガミ
R0021767 (2).JPG

 アズマシャクナゲ(蕾)
R0021768 (2).JPG

 ハクサンチドリ
R0021769 (3).JPG

 カラマツソウ
R0021772 (2).JPG

 コバイケイソウ
R0021774 (2).JPG

 アカモノ
R0021776 (2).JPG

 キジムシロ?
R0021778 (2).JPG

 ウサギギク
R0021782 (2).JPG


 急登が終わり尾根にとりついたがガスってます。
R0021794 (2).JPG

 ハクサンチドリ
R0021795 (2).JPG

 ウラジロヨウラク
花を覆っているクリーム色のもの??
R0021800 (2).JPG


 流石山 1813m 9:21(78min)
ここで20分休憩。
風が強いので早く下りたいです。
R0021804 (2).JPG


 さあ下ります。 9:41
 ミネザクラの実でしょうか?
R0021807 (2).JPG
R0021816 (2).JPG


 大峠 10:22(41min)
R0021817 (2).JPG

 幾分ガスが晴れてきました。
R0021820 (2).JPG


 一気に駐車場へ。11:12(39min)
R0021829 (2).JPG

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

尾瀬と水芭蕉を楽しむ 【二日目】 [Trekking]

 山の朝は早い。
4時半ごろには物音が聞こえる。
洗顔、身支度を整え朝の散歩へ。

 ん~ん、さぶい…
霜がたっぷりと降りている。
木製のデッキ、木道は滑ること。
今日の歩きは好天が期待できそうだ。



KIMG0696 (2).jpg
R0021564 (2).JPG
R0021569 (2).JPG
R0021570 (2).JPG
R0021573 (2).JPG

 重機がバラバラになっています。
そのままでは尾瀬に入れないので、アセンブリーごとにヘリで運搬、現地で組み立てを行うのです。
R0021576 (2).JPG


 朝の散歩を終え、5:50から朝食。
空気が綺麗だと飯も旨いですね。
R0021578 (2).JPG


 7:00に出発。
花を愛でながら来た道を戻ります。
R0021577 (2).JPG
R0021581 (2).JPG
R0021583 (2).JPG
R0021584 (2).JPG
R0021588 (2).JPG
R0021590 (2).JPG

 約2時間の歩行で9時に沼山峠休憩所に到着。
このあと、シャトルバスで御池駐車場まで移動して、桧枝岐で温泉・裁ち蕎麦・ミニ尾瀬公園へ。
R0021591 (2).JPG



nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

尾瀬と水芭蕉を楽しむ [Trekking]

 スクールのお客様と水芭蕉を愛でるために尾瀬に向かいます。

関東は晴れて気温も30℃を越えるとのこと。
しかし、こちらは先週につづき涼しいですね。

 正午に会津高原尾瀬口駅前に集合。
中高年者が多いので歩く距離は控え目です。
今年は雪が多く登山道にも雪が残っているそうだ。

R0021514 (2).JPG

 山の王さまはきのこラーメンがお薦め[exclamation] 
R0021513 (2).JPG


 さあ、尾瀬口駅御池駐車場に向かいましょう。
駅前で雨がポツポツきていたが御池駐車場に着いたころには本降り。

 雪の壁ができています。
R0021518 (2).JPG

 身支度を整えてシャトルバスで沼山峠休憩所へ。
R0021520 (2).JPG
R0021522 (2).JPG

 14:39 ストレッチングを済ませ雨具を着込んで出発 [exclamation]
R0021523 (2).JPG

 まだ、雪が多く残っています。
滑りやすいので慎重に…
木道も雪で埋まっているので歩行に時間があるのでかかります。
下山される方もいらっしゃるので、譲り合いながら進みます。
R0021525 (2).JPG
R0021527 (2).JPG

 オオカメノキ
R0021529 (2).JPG

 イワナシ
R0021532 (2).JPG

 ショウジョウバカマ
R0021533 (2).JPG

 樹林帯を抜け湿原が、水芭蕉が見えてきました。
R0021535 (2).JPG
R0021538 (2).JPG

 ワタスゲ
綿毛のない花の時期です。
R0021540 (2).JPG

 ヒメイチゲ
R0021545 (2).JPG

 ニリンソウ
R0021554 (2).JPG

 リュウキンカ
R0021562 (2).JPG


 16:54 今夜のお宿に到着。
夕食、入浴を済ますと夕焼けが。
明日は晴れるかな?
R0021563 (2).JPG
KIMG0692 (2).jpg
KIMG0694 (2).jpg



nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

沼原湿原から三斗小屋宿跡ピストン [Trekking]

 グリーンシーズンの新しいギア。
靴とザックを新調しました。
靴はトレゼータ・ハリケーン、軽量で礫地でも安心なビブラムソールです。
ザックはアコンカグア・メンドーサ、山小屋泊用の30㍑です。
今まで35㍑を使っていたがパッキング次第で問題ないでしょう。


R0021304 (2).JPG
R0021306 (2).JPG

 早速、新しい靴を慣らすために沼原湿原から三斗小屋宿跡までを歩いてみます。

 道の駅 那須高原友愛の森
休憩で立ち寄り。
朝早くから多くのキャンピングカーが停まっています。

R0021308 (2).JPG



6時半ごろ沼原駐車場に到着、先客の車が数台停まっている。
高原の静けさの中、聞こえるのは鳥の鳴き声。今年もカッコウの声が聞けました。

 7:07 駐車場を出発

R0021311 (2).JPG
R0021312 (2).JPG
R0021313 (2).JPG
R0021318 (2).JPG
R0021319 (2).JPG

 15分ほど歩いて湿原へ。
湿原にはミズバショウ、ハルリンドウ、ミネザクラ等を見ることができます。
R0021323 (2).JPG
R0021325 (2).JPG
R0021329 (2).JPG
R0021332 (2).JPG
R0021334 (2).JPG
R0021335 (2).JPG
R0021338 (2).JPG
R0021344 (2).JPG
R0021345 (2).JPG
R0021346 (2).JPG
R0021351 (2).JPG
R0021354 (2).JPG
R0021357 (2).JPG
R0021359 (2).JPG

 7:55 沼原湿原を散策後、三斗小屋宿跡に向かいましょう。
R0021356 (2).JPG
R0021366 (2).JPG
R0021367 (2).JPG
R0021373 (2).JPG
R0021378 (2).JPG
R0021384 (2).JPG
R0021391 (2).JPG
R0021395 (2).JPG
R0021396 (2).JPG

 8:57(62min) 三斗小屋手前の道標
R0021398 (2).JPG
R0021399 (2).JPG

 9:24(20min) 三斗小屋宿跡
かつて会津中街道の宿場であった。
戊辰戦争では激しい山岳戦が繰り広げられた、
R0021406 (2).JPG
R0021411 (2).JPG
R0021417 (2).JPG
R0021418 (2).JPG
R0021419 (2).JPG
R0021425 (2).JPG
R0021426 (2).JPG
R0021428 (2).JPG
R0021435 (2).JPG
R0021437 (2).JPG

 12:00(111min) 駐車場
およそ5時間の行程でした。
R0021443 (2).JPG




nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

那須連山の紅葉 [Trekking]

 今年も那須の紅葉を求めて訪れた。

峠の茶屋駐車場から朝日岳へ。
沼原分岐を経由して姥ヶ平、牛ヶ首、峰の茶屋、駐車場に戻ります。


 峠の茶屋駐車場(6:45)
6時過ぎに到着。
すでに駐車場は8割がた埋まっている。
山を歩く人、カメラ好きな人は行動が早いですね。
気温は6℃台、涼しいです。
風がありますね。ちょっと気になりますが…
フリースを着込んで6:45に出立。

R0020181 (2).JPG

 登山指導センター
登山者カード(登山計画書)を提出します。
R0020188 (2).JPG

 山之神
狛犬の横にはカウンターがあります。
R0020190 (2).JPG
R0020191 (2).JPG
R0020193 (2).JPG


 峰の茶屋避難小屋(39min 7:24)
風はありますがいつものこと。
思ったほど強くないです。
途中、風が冷たくウインドブレーカーを着ました。
R0020217 (2).JPG

 朝日岳へ
R0020218 (2).JPG

 朝日岳は剣ヶ峰を巻いたさき
R0020222 (2).JPG

 あんなとこやこんなとこも
R0020237 (2).JPG
R0020240 (2).JPG


 朝日の肩(27min 7:55)
朝日岳へアプローチ、大きなザックの人はデポして。
私はデイパックなのでそのまま向かいます。
R0020245 (2).JPG


 朝日岳(9min 8:04)
天気が良いのでここで写真を撮りながらゆっくりしましょう。
R0020248 (2).JPG

 南西、日光方向
R0020249 (2).JPG

 西、隠居倉・裏那須方向
R0020250 (2).JPG

 北、三本槍岳・旭岳方向
R0020251 (2).JPG

 東、鬼面山・飯盛山・明礬沢方向
R0020252 (2).JPG

 南、茶臼岳方向
R0020255 (2).JPG


 峰の茶屋避難小屋(28min 8:47)
来た道を戻り、沼原分岐を目指します。
R0020267 (2).JPG


 避難小屋(10min 9:01)
この周辺は落葉広葉樹が多いので紅葉の見所です。
R0020270 (2).JPG


 延命水(19min 9:24)
水場 当然、飲用可です。
R0020289 (2).JPG
R0020293 (2).JPG


 沼原分岐(7min 9:31)
沼原・三斗小屋温泉分岐へ
春はサラサドウダンのトンネルです。
R0020294 (2).JPG
R0020299 (2).JPG


 御沢(11min 9:41)
橋を渡ると姥ヶ平まで登りが続きます。
R0020300 (2).JPG


 沼原・三斗小屋温泉分岐(24min 10:10)
姥ヶ平へあとひと踏ん張り。
R0020306 (2).JPG


 姥ヶ平・ひょうたん池へ(15min 10:25)
紅葉の撮影スポットです。
今年は少し遅れ気味でしょうか?
色づきがもうちょいかな。

少し早いが昼食をここで。
R0020332 (2).JPG
R0020321 (2).JPG
R0020325 (2).JPG
R0020335 (2).JPG
R0020336 (2).JPG
R0020342 (2).JPG


 牛ヶ首(33min 11:38)
ここの紅葉も好きなのですが、色づきはまだまだ。
R0020367 (2).JPG
R0020373 (2).JPG


 無間地獄(11min 12:02)
R0020383 (2).JPG

 シラタマノキ
R0020384 (2).JPG


 峰の茶屋避難小屋に戻ってきました(22min 12:24)
R0020399 (2).JPG


 峠の茶屋(38min 13:07)
美味しい高級アイスをいただき!
風も収まり、日が高くなると気温も上昇。
冷たいアイスがほしくなりました。
R0020419 (2).JPG
R0020421 (2).JPG


 ロープウェイ利用者の誘導で、大丸園地からロープウェイ山麓駅まで登ってくる車で大渋滞しています。
週末、ご利用される方は時間帯を考慮しましょう。
登山客は日の出の時間には行動しています。


003 - コピー.jpg

 行程:11.84㎞ 6:20
 行動時間:4:43
 最大標高差:485m


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

見晴から沼山峠休憩所へ [Trekking]

 二日目の朝、気持ちよく5時に起床。
ザック・身支度を整えてから散歩へ。
今日の天気は期待できそうです。暑くならなければ良いのだけど…


 朝の見晴
尾瀬ヶ原に立ちのぼる朝霧、至仏山を隠します。
気温が上がると再び姿を現します。

Oze 20160927_2.1.JPG
Oze 20160927_04.JPG

 見晴銀座
山小屋の朝は早いです。
散歩をしていると身支度を整えたハイカーが動きだしています。
どこまで行くのでしょうか?
Oze 20160927_05.JPG
Oze 20160927_06.JPG
Oze 20160927_07.JPG


 原の小屋の朝食
散歩を済ませ朝食は6時から。
Oze 20160927_08.JPG


 尾瀬ヶ原林道
6:45 二日目の始まりです。
段小屋坂の白砂峠までは標高差280mの登りになります。
Oze 20160927_09.JPG


 見晴新道分岐(7:13)
左に進むと見晴新道を使って燧ケ岳へ
Oze 20160927_10.JPG

 イヨドマリ沢
Oze 20160927_11.JPG

 ワサビ田
Oze 20160927_12.JPG


 白砂峠(9:07)
Oze 20160927_13.JPG


 白砂湿原(9:27)
樹林帯に囲まれた静かな湿原
Oze 20160927_14.JPG
Oze 20160927_15.JPG


 沼尻平(9:46)
以前は沼尻休憩所が建っていたそうだが、2015年に焼失した。
現在、トイレは使用可能。
Oze 20160927_16.JPG
Oze 20160927_17.JPG

 ナデッ窪道分岐
燧ケ岳への登山道で難易度は高い。
Oze 20160927_18.JPG
Oze 20160927_19.JPG

 いくつかの小さな湿原と樹林帯を歩くと浅湖湿原へ。
Oze 20160927_20.JPG
Oze 20160927_21.JPG

 とろろ昆布のようなものが寄生しています。
Oze 20160927_22.JPG


 浅湖湿原(10:54)
Oze 20160927_23.JPG
Oze 20160927_24.JPG
Oze 20160927_25.JPG
Oze 20160927_26.JPG


 長英新道分岐(10:58)
左を進むと燧ケ岳へ
Oze 20160927_27.JPG

 ツルリンドウ
Oze 20160927_28.JPG


 大江湿原へ 三本カラマツ(11:10)
三本カラマツも尾瀬のシンボル
Oze 20160927_29.JPG


 沼尻分岐(11:14)
Oze 20160927_30.JPG


 尾瀬沼東岸で昼食!
宿で用意してくれた握り飯をいただきます。
Oze 20160927_31.JPG

 長蔵小屋前の清水
Oze 20160927_32.JPG


 大江湿原から沼山峠へ(11:55)
Oze 20160927_33.JPG
Oze 20160927_34.JPG


 沼山峠休憩所(13:50)
バスで御池へ
Oze 20160927_35.JPG

 山の駅 御池
Oze 20160927_36.JPG


 全員が無事に山を下りることができました。
車を置いている御池駐車場で解散。それぞれの車に分乗して野岩鉄道 会津高原尾瀬口まで送って今回の山行は終了です。

 

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

鳩待峠休憩所から見晴へ [Trekking]

 鳩待峠休憩所(12:28)
一ノ瀬休憩所からバスを乗り継いで、参加者の皆さんと合流。
雨は降ったり止んだりしている中、山ノ鼻・尾瀬ケ原の木道を歩き竜宮小屋を経て見晴の山小屋までの9.3㎞を目指します。

Oze 20160926_38.JPG


 山ノ鼻までの下り、雨で木道は滑り易くなっているので慎重に進みましょう。
途中、木道の付け替え作業が行われていた。

Oze 20160926_39.JPG


 山の鼻ビジターセンター(13:50 82min)
ここで休憩、年齢層が高いのでペースは遅めです。
Oze 20160926_40.JPG


 尾瀬ヶ原へ
上田代から中田代を歩く尾瀬ヶ原のゴールデンルートだ。
Oze 20160926_41.JPG

 アカハライモリ?
Oze 20160926_42.JPG

 常に燧ケ岳を正面に見ながら歩くので燧ケ岳が大きくなります。
Oze 20160926_43.JPG

 振り向けば至仏山が、逆に至仏は遠ざかる…
Oze 20160926_44.1.JPG
Oze 20160926_44.JPG

 上田代、中田代には大小多数の池塘が点在しています。
池塘にはヒツジグサ、オゼコウホネ、ミツガシワを見ることができます。
Oze 20160926_46.JPG

 ワレモコウ
9月下旬になると明らかに花の数が少なくなります。
これからは紅葉の時季になります。
Oze 20160926_47.JPG

 逆さ燧
Oze 20160926_48.JPG

 アカバナ
Oze 20160926_49.JPG

 リュウキンカ
Oze 20160926_50.JPG

 バイカモ
Oze 20160926_51.JPG


 原の小屋
今宵のお宿に到着。
ザックには延命水?が重く、最後にはスタミナ切れで写真を撮らず。
スマホのGPSもバッテリー切れで正確な到着時間がわかりません。
Oze 20160927_02.JPG

 隣の休憩所で生ビールを一杯いただき疲れを癒します。
入浴のあと、食事。そして親睦会を行って早めの就寝です。
Oze 20160926_52.JPG

 基本的には変わりませんが、今年は食前酒がつきました。 
Oze 20160926_53.JPG


行程:9.3㎞ 

 

nice!(5)  コメント(0) 

今年も尾瀬へ 沼山峠休憩所から一ノ瀬休憩所まで [Trekking]

 今年もスキー関係の付き合いで尾瀬の山歩き。

 昨年は、豪雨災害により御池からの入山ができず、鳩待峠からの往復でした。
今年も雨が多く心配されましたが、無事に御池からスタートすることができました。
 参加者は鳩待峠休憩所から見晴エリアの山小屋で一泊、沼山峠に抜けるコースを歩きます。
我々、スタッフは帰りに参加者を御池から会津高原尾瀬口まで車に分乗するために御池から沼山峠を目指します。

 塩原辺りから雨が降りはじめ、御池駐車場に到着した1時半まで雨のドライブ。
車の中で寝酒を飲みながら車中泊の用意。
外気温13℃、寒いのでフリースを被ります。
雨はさらに強まり、雨音でなかなか寝付けない。天気が気になりますね。


 ハイカーが動きだした6時前に起床、雨は小降りだがまだ降っています。
下だけ雨具を履いて出かける準備をします。
沼山峠休憩所から一ノ瀬休憩所までの沼田街道を歩きます。

 御池駐車場

Oze 20160926_01.JPG

 日本を代表する尾瀬、当然「ふくしま緑の百景」にも選定されています。
Oze 20160926_02.JPG

 山の駅 御池前からシャトルバスで沼山峠へ。
Oze 20160926_03.JPG

 県道1号線は通行規制で一般車両の通行はできません。
Oze 20160926_04.JPG

 ブナの原生林
バスが停まってくれました。
Oze 20160926_05.JPG

 沼山峠休憩所へ
Oze 20160926_06.JPG
Oze 20160926_07.JPG


 7:25 沼山峠休憩所から行動開始。
Oze 20160926_08.JPG

 沼山峠から大江湿原までの登山道わきには花が終わり、小さな実をつけています。
 ゴゼンタチバナ
Oze 20160926_09.JPG

 マイヅルソウ
Oze 20160926_10.JPG

 ツルリンドウ
Oze 20160926_11.JPG

 シラタマノキ
Oze 20160926_13.JPG

 アキノキリンソウ
Oze 20160926_14.JPG

 オヤマリンドウ
Oze 20160926_15.JPG


 大江湿原(8:10 35min)
湿原への入口にはシカ防止柵が設けられています。
Oze 20160926_16.JPG

 木々の色づきはいまいちだが、草紅葉は綺麗に色づいています。
Oze 20160926_17.JPG


 小淵沢田代分岐(8:14 4min)
Oze 20160926_18.JPG

 トリカブト
Oze 20160926_19.JPG

 沼尻分岐(8:29 15min)
Oze 20160926_20.JPG

 オヤマリンドウ
Oze 20160926_21.JPG

 トリカブト
こちらはまだ花をつけています。
Oze 20160926_22.JPG

 
 尾瀬沼ビジターセンター(8:34 5min)
長蔵小屋があったり賑わっています。
Oze 20160926_23.JPG

 いまだかつてなく大きく育ったオオウバユリ
Oze 20160926_24.JPG

 ビュースポットからの燧ケ岳
Oze 20160926_25.JPG

 道悪し
Oze 20160926_27.JPG
Oze 20160926_28.JPG


 三平下(9:07 26min)
 尾瀬沼休憩所
Oze 20160926_29.JPG

 ゲンノショウコ
Oze 20160926_30.JPG

 視界が開けた場所に尾瀬沼の向うにシンボルの三本カラマツが見えます。
Oze 20160926_30_1.JPG


 三平峠(9:35 28min)
Oze 20160926_31.JPG

 ツルリンドウ
Oze 20160926_32.JPG

 岩清水
Oze 20160926_33.JPG

 一ノ瀬休憩所までは急な下りの連続。
Oze 20160926_34.JPG
Oze 20160926_35.JPG


 一ノ瀬休憩所(10:40 59min)
 ここからバスを乗り継いで鳩待峠休憩所に向かいます。
Oze 20160926_36.JPG


 行程 約7.0㎞
 行動時間 3:15

 

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

土平園地を歩いてみた。その先には… [Trekking]

 山歩きと云うほどでもないのだけど「土平園地」の遊歩道を歩いてみました。

どうやら、送電線の保守・点検路を使っているようです。
タフな遊歩道ではなくミズナラ・ナツツバキ・ブナ・シロヤシオの自然林の中の森林浴が楽しめます。
ただ、ベンチ・四阿等の休憩施設は一切ありません。

Enna Shiobara 20160613_07.JPG


 県道中塩原板室那須線の終点の「土平園地駐車場」から歩き始めます。
Dodaira 20160831_01.JPG

 最初の分岐を左、ナツツバキコースへ。
Dodaira 20160831_02.JPG

 鹿が齧ったのでしょうか?
Dodaira 20160831_03.JPG

 若い木が多いなか、巨木も
Dodaira 20160831_04.JPG

 さらにシロヤシオコースへ。
Dodaira 20160831_05.JPG

 初めて見る茸?が… 何だろう。
触れたら煙(胞子)が出ました。
Dodaira 20160831_06.JPG

 どうやら一番奥のようです。
場所を明示するものは何もなし。あるのは送電線だけ。
まだ、道があるので休憩をとったあと進んでみましょう。
Dodaira 20160831_07.JPG

 しばらく歩くと広い道に出くわしました。
ひょっとしてこれは…
GPSで確認するとやはり塩那道路だった。
Dodaira 20160831_08.JPG

 時間に余裕があるので行けるところまで行ってみよう。
Dodaira 20160831_09.JPG
Dodaira 20160831_10.JPG
Dodaira 20160831_11.JPG
Dodaira 20160831_12.JPG

 登山道なら人と出会う可能性があるので怖いと思わないのだが、さすがにここは…
人と出会う可能性がほとんどないので、ラジオのボリュームを上げて歩きます。
そんなとき、藪の中から物音が… ドキッです。
鹿でした。お互い驚いたのでしょうか、一目散に逃げていきました。
鹿以上の獣と出会いたくないので、12キロポストの先のカーブここで引き返します。
Dodaira 20160831_13.JPG
Dodaira 20160831_14.JPG

 路肩の崩落
Dodaira 20160831_15.JPG
Dodaira 20160831_16.JPG


 移動距離:9.23㎞
 移動時間:2:23


 県道266号中塩原板室那須線
中塩原から土平園地駐車場まで
 中塩原
Enna 20160831_01.JPG
Enna 20160831_02.JPG

 小曲り
九十九折を繰り返して標高を上げてゆきます。
Enna 20160831_03.JPG
Enna 20160831_04.JPG

 高原山
Enna 20160831_05.JPG

 土平園地駐車場
Enna 20160831_06.JPG

 もみじラインから見た塩那道路
Enna 20160831_07.JPG


 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

深山園地を歩いてみた [Trekking]

 栃木県道266号中塩原板室那須線(塩那道路、塩那スカイライン)、板室からの終点にある深山園地を歩きました。

訪れる季節は春のツツジと秋の紅葉の時季が良いかと思われます。

 舗装が施されているのは深山園地駐車場までで、その先からは未舗装の遊歩道になっている。
遊歩道の延長は1,137m、休憩広場まではほぼ平坦な道を500mほどを歩けば着きます。
展望広場までは標高差100m、遊歩道入口付近の分岐を使うと急な階段をひたすら登ることになります。
展望広場を経由すると標高差80mをゆったりと歩けます。

Miyama 20160810_00.JPG

 

 遊歩道入口

Miyama 20160810_01.JPG


 法面は補強と自然回復を目的とした蛇篭が積まれている。
相変わらずクマ出没注意の看板がある。

Miyama 20160810_02.JPG

 3分ほど歩くと展望広場への分岐が。
ここは道なりに休憩広場を目指します。
Miyama 20160810_03.JPG

 ヤマホトトギス
Miyama 20160810_04.JPG

 休憩広場
8分ほどで到着、休憩するほど疲れていません。
Miyama 20160810_05.JPG

 この先は立入禁止なのだが…
Miyama 20160810_06.JPG

もう少し先まで…
Miyama 20160810_07.JPG

 本部跡
ここにもゲートがあるのだがこの先につづく、しっかりとした踏み跡がるのを見ると多くの人間が入っているようだ。
Miyama 20160810_08.JPG
Miyama 20160810_09.JPG

 休憩広場に戻りましょう。
左手の階段から展望広場に向かいます。
Miyama 20160810_10.JPG
Miyama 20160810_11.JPG

 途中、木々の間から深山ダムを見ることができる。
Miyama 20160810_12.JPG

 駐車場への分岐
Miyama 20160810_13.JPG

 展望広場
展望とは名ばかりで眺望はない。
Miyama 20160810_14.JPG

 駐車場に戻りましょう。
Miyama 20160810_15.JPG
Miyama 20160810_16.JPG

 駐車場に戻ってきました。
一時間ほどの遊歩道歩き、花・紅葉の季節に訪れてみたい。
Miyama 20160810_18.JPG

 塩那の山々
Miyama 20160810_19.JPG
Miyama 20160810_20.JPG

 那須の山々
Miyama 20160810_21.JPG


 このあと、まだ予定はあったのだがエンジンの回転が上がらず坂を上らないので、寄り道をしながら帰りたいと思います。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ